名探偵コナン」序盤に欠かせないエピソード

長寿アニメの新シリーズ、特に1000話以上ある「名探偵コナン」(旧名:ケースクローズド)なら、どこから手をつけていいかわからないかもしれません。そこで、1つの番組に何週間も費やすことに躊躇している人のために、最初の2シーズンから重要なエピソードのリストを作成しました。

名探偵コナンの重要なエピソード 

名探偵コナン
名探偵コナン

名探偵コナンの見逃せないエピソードを、れねっちがまとめました。重要なエピソードが知りたい方は、ぜひ参考にしてください

名探偵コナンのはじまり(1~3話)

最初の3話は間違いない(「ジェットコースター殺人事件」「大統領の娘誘拐事件」「アイドルの密室殺人事件/アイドルに気をつけろ」)。これらの作品は、登場人物やコナンのガジェットを紹介し、番組の情緒的なトーンを作り出しています。もちろん、通常の短い紹介文でも物事は決まりますが、初めて会う人たちや、その世界観を紹介する意味のある紹介文のような効果は得られないのです。コナン/新一、蘭、小五郎、阿笠、そして少年探偵団との出会いは、この番組の最初の憂鬱な前提にもかかわらず、楽しいものだ。

バレンタイン殺人事件(第6話)

精神安定剤入りの腕時計が登場。小学生が解決する事件の数々を理解するのに必要な、シリーズの主役。また、バレンタインにちなんだエピソードで、コナンと蘭のやり取りがとても美しく、そういうのが好きな人にはたまらない、よくできたミステリー作品です。

月光ソナタ殺人事件(第11話)

「月光のソナタ」は、シリーズ初の2部構成ミステリーであり、そのポテンシャルを発揮したエピソードである。文章が素晴らしく、ドラマと謎と哀しみのバランスが見事に取れており、そのブレンドは回を重ねるごとに良くなっている。単純なホワイダニットではなく、「月光のソナタ」は見る人の心に触れ、なぜこのような事例に関心を持たなければならないかを示している。

アニメの1000話目で再現されたほど伝説的な事件なのだ。

月光ソナタ殺人事件

他人発見殺人事件」(第13話)

蘭が車の窓を蹴るところを見てみよう! というのは冗談で、このエピソードを楽しむ理由はそれだけではありません。また、2階の窓から飛び降りるシーンもあります。この事件は興味深いもので、素晴らしい展開があり、蘭が本当に素晴らしい、楽しい時を過ごすことができます。

ジューンブライド殺人事件(第18話)

蘭、新一、園子にとって個人的な物語で、胸が痛むエピソードである。小五郎がいないため、コナンが初めて園子を代役の刑事として使うことになり、その面白さが他のエピソードの雰囲気を軽くしている。それでも、蘭と新一の学生生活の過去が垣間見えるのは面白いし、謎の提示も素晴らしい。

喫茶店殺人事件(第32話)

このエピソードは私のお気に入りの一つで、これまでのシリーズの定石から外れたものです。コナンは喫茶店の妙に勘のいいおばさんを除いて、蘭も小五郎も鈴木も一緒に冒険することもなく、まったくの一人ぼっちです。また、魅力的なミステリーであり、主要なレギュラー・キャラクターの一人が初登場するが、誰であるかは明かさない。

山荘包帯男殺人事件(第34話/第35話)

名探偵コナン 山荘包帯男殺人事件
名探偵コナン: 山荘包帯男殺人事件

コナンと蘭が園子の山荘に週末の休暇に招かれた際に殺人事件が発生する。手足が切断され、全体的に怖い雰囲気になっており、フィクションによく登場する「人里離れた古い廃屋」というテーマを多用した、これまでで最も陰惨な殺人事件であった。コナンは園子に乗り移り、再びその正体を明らかにする。これはかなり面白いのだが、ほろ苦い結末が本当の桜である。

富豪の娘殺人事件(第39話/第40話)

不気味な廃屋を次から次へと見ていると、誰かに気があるような気がしてくる。小五郎、蘭、コナンの3人は、うっかりパーティーに招待され、よくあるように殺人事件の目撃者になってしまう。不気味で、嘘の手がかりがあり、奇妙な解決策がある。また、ほとんど例外なく恐ろしい人物のキャストが登場するので、彼らの誰かが死んでも罪悪感を感じる必要はないが、それがドラマを盛り上げている。

江戸川コナン誘拐事件(第43話)

このエピソードが番組全体の中でなぜ重要なのかを説明するのは難しいが、それでもコナンが誘拐された! と宣言することはできる。第32話と同じく、コナンが一人、後ろ盾のない状態で登場するという、定石から外れた内容になっています。このエピソードのタイトルが示すように、コナンは誘拐され、悪い状況に置かれることで、賭け金を増やし、予測不可能な要素を加えている。また、主要な常連キャラクターもここでデビューしている。

外交官殺人事件(第48話/第49話)

服部平次が初登場。工藤新一のライバルである大阪の高校生刑事で、私の大好きなキャラクターです。ライバル関係に真剣に取り組み、エピソードではパンチを浴びせながらも、コナン・新一についていける数少ない人物である。さらに、黒の組織がコナンに飲ませた薬の実に奇妙な副作用を見ることができ、その上、独創的な謎解きになっている。

図書館の殺人(第50話)

名探偵コナン 図書館の殺人
名探偵コナン 図書館の殺人

少年探偵団がやってきた! この不吉なエピソードでは、少年探偵団は宿題を達成するために図書館に行き、そして死体を探すために滞在する。この作品は、コナンが彼らの人生に恐怖と恐れをもたらすのに、なぜこの子たちはコナンと一緒にいるのだろうと思わせることはさておき、多くのキャラクターの知性を示し、本当に素晴らしいサスペンスの瞬間が散りばめられている。

ホームズ・フリーク殺人事件」(第57話/第58話)

服部平次が帰ってきた! 私の意見では、彼の登場だけでもこのエピソードがこのリストに含まれることを正当化するのに十分なのだが、この2部作には他にもいくつかの魅力がある。まず第一に、「コナン」という名前からして、ホームズと彼が世界に与えた影響について言及したり、その周辺を描いたりする多くの物語の第一弾を見ることができるのは、とてもエキサイティングなことです。第二に、このエピソードは、ネタバレにならないように説明することはできませんが、コナンにこれまでのシリーズにはない重要なカーブボールを投げています。しかし、このエピソードはコアとなる公式を揺るがし、将来的に異なる構成のエピソードの扉を開くものであり、それは関連する映画シリーズにも影響を与えるものである。

コナンVS怪盗キッド(第76話)

シーズン3にはあまり踏み込みたくなかったが、このエピソードは再登場の宿敵である怪盗が登場するため、非常に重要である。元々、名探偵コナンのデビュー前に自身の漫画に登場していた怪盗は、コナンや平次、その他のキャストに時折敵対するようになり、モサッと登場するようになった。怪盗キッドは、キャットウーマン的な存在で、変幻自在のキャラクターであり、今回を含め、すべての登場シーンが見ごたえがある